営業方法でわかるfax営業とは

fax営業はfaxを使った営業方法のことですが、この営業方法にはメリットとデメリットがあります。一般には相手のfaxを使用して広告を印刷するため迷惑がられる傾向にあると言われ、この方法による営業を奨めないところも多く見られます。しかし、faxを用いた方法はスピードや費用といった面で他のダイレクトメールの方法よりも有利であり、相手を見極めて適切に利用することで宣伝効果を高めることができます。また電子メールと異なり開封率は100%ですし、郵送ダイレクトメールと異なりスピーディーにかつ安価に行えます。いずれにしても営業活動を行う場合には、適した方法を行えば最大限の効果を得ることができますが、間違った方法で行うと返ってイメージを崩す可能性があり注意が必要です。

fax営業の問題点を理解しておく

faxを用いた営業の問題点としては、相手のfaxを利用するため相手に用紙代やインク代などを負担させるところにあります。このため飛び込み的な営業活動においては迷惑がられクレームを受けるリスクが存在します。営業活動にクレームは付き物ですが、faxの場合には相手に金銭的負担を掛けるものですから、他の営業活動と比べてもクレームの比率が高いものです。このためクレーム対策が重要になります。また費用対効果についても理解しておく必要があり、何度も送信をしたところで的はずれな相手であれば効果はありません。このため反応率などのデータをチェックすることが重要です。またfaxは白黒でしか遅れませんし相手のfaxの性能によって画質も変わります。このためどのようなfaxでも見やすいレイアウトに工夫する必要があります。

適切にfax営業活動を行うためには

適切にfaxを使って営業成果を上げるためにはいくつかの工夫が必要です。ひとつはクレーム対策です。例えば送付するさいにはfax営業不要のチェック欄を設けてクレームもfaxで受けることが出来るようにする、クレームリストを作り、1度でもクレームがあるところには送らない、また深夜や早朝の送信は避けるといったことです。fax番号を公開している企業や個人であれば宣伝目的のfaxが来るのは理解しているのでfaxを送ること自体はタブーではありませんが、クレームには適切に対応できるようにすることが重要です。またfaxの飛び込み営業は成果を上げづらいものですから、テレマーケティングなどと組み合わせることや従来の営業活動で手に入れたfax番号を活用するといったことが成果を得られやすくするポイントになります。