fax営業のメリットとデメリット

ダイレクトメールは新規顧客への第1アプローチとしてよく使われる営業方法です。ハガキや封書を使って郵送することが一般的ですが、faxを利用することもできます。インターネット全盛の時代で、連絡手段はfaxからe-mailに取って代わられてはいるもののほぼすべての企業にfaxは設置されます。対象は法人に限られますが、郵送に比べて安価で行うことができ、手間もかからないという特徴があります。fax営業は効果が見込める営業手法ですが、方法を間違えると効果を得られないばかりか営業活動の障害にもなってしまうという一面もあります。効果をあげるためにはメリットとデメリットをきちんと理解して、その後の営業活動に繋がるように正しいやり方で行うことが大切です。

faxのダイレクトメールが優れている点

daxによるダイレクトメールは届け先個別に印刷する必要もなく、通信費も安く済みます。そのために印刷費と通信費が郵送に比べて安価です。また、郵送とは違い送ればすぐに届けられるというメリットもあります。さらに、faxには受け取った人が必ず1度は内容を目にするという特徴があります。送られてきたものを全く見ないで捨ててしまう人はいないでしょう。封書のように中身を見ずに捨てられてしまうということはありません。つまり開封率は100%です。開封率が高くなることで、必然的にレスポンス率も高くなります。相手にメリットのある情報ならば記憶に残り保存される確率も高くなるので、その後の営業もしやすくなります。このようにfax営業には費用対効果が高いという特徴があります。電話でフォローすればさらに効果があります。代行会社もあるので自社で行わず任せてみるのも良いでしょう。

fax営業のデメリットと注意点

一方でデメリットがないわけではありません。その1つは相手に届くのはモノクロの資料であるという点です。カラーの資料を送る場合は色が濃い部分が潰れて読めないことがあります。また、faxを受信するには紙代やトナーなどのコストがかかります。一度に大量のfaxを送るとクレームになることもあります。既存のカタログやチラシではなく、fax用に資料を作成して送ることが大切です。また、何の挨拶もなく資料を送りつけられたと憤りを感じる人もいます。突然資料を送る非礼をお詫びする挨拶文や、不要の場合はその旨を記載して返送して欲しいことなどを記載するなどの配慮も必要です。faxにはfaxならではのデメリットもあります。デメリットを理解した上でメリットを活かし、効果を得られるようにすることが大切です。