fax営業を行う際のお勧め方法と注意点

まだまだ需要が多いfax営業。どのような店舗に対して必要なのか、どのように送信するのが望ましいかなどを考えて、無駄なく活用したいものです。fax営業が不利な場合があります。相手が迷惑と思えば迷惑メールと同じ扱いになりクレームにつながります。不必要な内容は相手のfax用紙を無駄にしてしまいます。相手に嫌われないように営業しなければなりませんので、目に留まりやすく捨てられない情報を掲載して送信するのが理想的ですね。誰が読むのか、誰が一枚ずつファイリングするのかを考えながら送信する、送信する日時なども考える、などで効率良く顧客を増やしている営業マンが大勢いますので、どのように送信するのが良いのかをいくつか探ってみましょう。電話では話を聞いてもらえずにガチャンと切られてしましますがfaxはそうなりませんので、電話営業が下手な人にはfax送信が向いているかもしれません。

fax営業を受け入れてもらいやすい日時

一般的な会社は土日祝日が休業日で、月曜日が週明けで忙しいです。また、週末や月末、ごとう日(5日、10日など5や0が付く日)は金融関連が忙しいです。取引先への支払日だったり、銀行や会社の経理部などは作業量が多くなっていますので銀行窓口やATMが混雑しているのが見られます。ですので、月曜と金曜、月末、年度末付近はfax営業をしても読んでもらえない可能性がありますし、仕事で必要な内容のfaxが多量に流れてきているときに宣伝内容の用紙が混じるので処理をする人が嫌がります。受け取る側のfax用紙やインクが無駄になるため、営業電話がかかってくるとかダイレクトメールがポストに投函されることへの不満などよりももっと怒りのレベルが強くなります。読んでもらえずクレームにもなるのでは利益につながりません。少しでも相手の心が受け入れ態勢になりそうな日を選んで送信するのが望ましいです。

いきなり送信しない。前もっての承諾、そしてアフターフォロー。

クレームにつながらないためにも、相手に承諾を得ることが前提です。先に電話を入れ、「販売の参考にしていただければ幸いです。資料をお送りしてもよろしいでしょうか」のような電話を相手の手が空いている日時にかけます。電話は当然忙しくない曜日、時間は10時から11時くらいが丁度よいです。朝礼が終わっていて昼食に出る前の時間帯ですね。もしくは夕方16時ころです。朝礼中などは電話を取り次いでもらえませんし午後は会議がある日もありますので、会議が終わって一服している時間帯の夕方が良さそうです。fax番号は電話と違って簡単に教えてもらえる可能性がありますので「fax番号を教えていただけませんか」と付け加えるだけで大丈夫です。送信して2日3日ほど経ってから「先日のfax内容はいかがでしたでしょうか」と電話をしてみましょう。一服中に読んでもらえるパターンが多いので、いきなり送信するよりも効率良く内容を伝えることができるので営業がスムーズなのです。できる営業マンは相手が読める日時時間帯を考えて行動を起こしているのですね。