fax営業を行っている企業の傾向と特徴

fax営業は、電話回線による通信手段の一つであるfaxを利用した営業方法となります。faxは個人を始め、企業も印刷物の情報を電子化できるため、図や表を利用した営業活動を展開できるとあって、よく用いられている通信手段の一つとなります。企業では必ずfax端末を備えており、もし視覚的な情報を伝えたい場合にはfaxによる通信を依頼されることも多いです。利用している企業の傾向としては、例えばチラシ配布をfaxで行うスーパー・ドラッグストア、ホームセンターなどの日用品を扱っている店舗です。他に生活必需品を扱うECサイトでも利用されることも多く、メールの送信だと一方的になりますが、fax送信の方が受信した時の音により意識される点もあります。そのため顧客の目にも留まりやすい効果が存在します。

日用品・食品の販売などで利用される方法

fax営業を利用する場合、毎日欠かすことができない宅配弁当店の注文で活用することが可能です。例えば毎朝、お店が注文表を送信し、そのついでにメニューの紹介・割引クーポンなどの情報を記載しておきます。それを見て注文者がメニューの選択と数量を記載し折り返しfaxをします。その後、昼には注文通りに宅配弁当が届く流れになります。こうした弁当での注文を受け付けたりする上では重宝され、原始的な方法であるため、逆にメールと違い、送信していない受信していないなどの間違いが極力少なくなる特徴が見られます。また足の不自由な高齢者などが日用品の買い付けを行う場合にも、毎日、スーパーなどのお店から注文表が届けば、それに記載してfax送信するだけで済みます。あとは簡単に配達して貰え、わざわざスーパーまで出向く必要がないメリットもあります。

ネット通販でも利用すると違った効果を得ることが可能

ネット通販ではfax営業にも対応していることもあり、意外と需要も存在します。まず現在は通信手段としてのEメールが普及しており、faxによる通信は敢えて不要ではないかと考えられますが、必ずしもそう言えない効果があります。その効果としては、faxは送信されると紙媒体に出力する形になりますので、紙媒体に残る点と企業の重要書類などが送信されていないかの確認するシーンでは、同時に従業員に必ず見られる効果が存在します。従ってEメールよりも営業内容を見られる確率が上昇する場合もあります。またEメールの場合は回線の混雑具合などで送信と受信のタイムラグが発生することも多いですが、faxについては送信と受信でのタイムラグが発生ない点も優れています。電話回線を利用することで、送信したらすぐに受信が始まることでいち早くリアルタイムで情報を伝えられることで、ネット通販でもfax営業は利用されています。